感覚値計測

こちらのサービスは現在改訂中です。下記は昨年10月にリリースしたサービス内容です。

お問い合わせ等がございましたら、こちらよりお願いいたします。  お問い合わせ

IoT感覚計測 × 業務改善プロデュース
Logo_デザイン思考×IoT

~ 感覚をカガクの目で捉え、業務改善に生かす! ~

サービス概要
IoT感覚計測 × 業務改善プロデュースは、センサーやデータを効果的に活用して、企業の課題解決を加速するコンサルティングサービスです。センサーや可視化システムを単純に導入するのではなく、「ストーリー設計」「動線の試行」を短期間に繰り返し行うことで、お客様の課題解決をクイックに導きます。本サービスは、ベースにデザイン思考のアプローチを取り入れ、人がサービスやモノに感じる感覚、雰囲気をわかりやすく構造化して計測するのが特徴です。

サービスの特徴
【1】 全体ストーリーを描き、実現価値を徹底追求

例えばお店の雰囲気や、通行する人の関心度合い、人の流れの変化など、普段 “何となく” 感覚で捉えていたものを、既存技術や公開された情報の組み合わせで、目に見える形にします。お客様が抱える課題に対して、データ活用の全体像(ストーリー)を描くことで、投資コストを最適化するとともに、実現価値を明確にしていきます。

【2】 テクノロジーの深追いを避け、企業の課題解決に注力

IoTにおける技術の進展は目覚ましく、これからも数多くの製品・サービスが発表されることと思われます。シーズメッシュは特定の技術やハードウェア、ソフトウェアへの依存することなく、お客様の課題に合わせたシンプルな製品やサービスの選定に注力することで、「課題解決スピード重視」の姿勢を貫いてまいります。

【3】 人の反応、感覚を判別するナレッジモデルを企画・提供

製品・サービスの構成は最適解を求める一方で、シーズメッシュ独自の仕組みとして、感覚や雰囲気等を識別する 「ナレッジモデル」 をご提供します。例えば、人が心地よいと思う店舗内の音(人の声量、BGM種別、客層等)、選択しやすい看板やメニュー表記(文字、写真、配置)の組み合わせや認知するまでのタイミング等をナレッジとして蓄積しご提供します。ナレッジモデルは、活用を進めるほど成熟を重ねる形で、感性に触れるソリューションを得意とするシーズメッシュならではの取り組みとなっています。

※サービスのコンセプトは「SeedsMesh Concept Book」にて公開しています

サービス提供フロー
サービスは (1)ストーリー設計 (2)動線の試行 (3)仕組みの導入 (4)オペレーション改善 (5)課題解決~実現価値の特定 の5段階で提供します。(2)~(3)では 「感覚計測システム」 の提供も予定しています。

提供価格
価格は (1)ストーリー設計(2)動線の試行のセット で40万円(税抜)~で、お客様のご要望に応じて変動する形です。
価格体系の詳細、および(3)以降の価格については、準備が出来次第、当サイトで公開してまいります。

今後の展開
11月は「ストーリー設計」「動線の試行」からサービスをご提供。12月に「感覚計測システム‐センシングパック簡易版」、2016年2月に「感覚計測システム‐可視化クラウドβ版」の提供を行います。2016年4月に「感覚計測システム・正式版」のリリースを経て、2016年末までに50社への展開を目指す考えです。