人・まち・モノ × 観察

問題の根本的解決のためには、現地・現物・現実をありのまま(※)に把握することが必要です。当サービスでは、「人の感覚」と「機器による計測」(360℃カメラやIoT機器・センサーなど)の両面から現状を捉え、問題解決に繋がる糸口を探索します。

※”ありのまま”といっても、森羅万象を記録することは不可能です。逆に観点を絞りすぎると、問題解決に繋がるポイントを逃します。観察に際しては、担当領域に詳しいメンバーをアサインするとともに、目的に合った計測機器の活用により、効果的な観察ができる形をつくります。

サービスの効用
現地・現物・現実を具体的な観察データとして示す
 観察の観点を考える中で、問題の根本原因に繋がる具体的な事象やデータを明確化できる
客観的な”外部の視点”を取り入れることで、現状打破のキッカケが生まれる
サービスの基本的な流れ
【1】ご相談~契約⇒
【2】調査内容のヒアリング⇒
【3】問題分析、観察対象の明確化、手法・役割などの合意⇒
【4】観察~結果の共有

※当サービスのご利用にあたっては、「問題をひも解く」サービスを併せて利用いただくことをお勧めします

関連情報/事例など
下記にサービス関連の情報、図解、成果物の事例などを掲載します。

ただいま準備中です
ご相談/見積り依頼など
各種ご相談や見積りのご用命は、こちらからどうぞ。  お問い合わせ